ブルーベリーってどんな果実??

ブルーベリーは被子植物の科であるツツジ科のスノキ属に分類されます。原産は北アメリカで落葉低木果樹です。高さが低い木なので栽培されるものは成木でも1.5メートルから3メートル程度、野生種に近いものでも数十センチ程度のものもある程です。

春のブルーベリーは、四月の上旬頃から白やピンクの小さくて可憐な釣鐘状の花を連ねて咲かせます。

夏には小さな球状の果実が緑から赤へ、そして青へと変化させていき、成熟すると1グラムから4グラムほどで紫黒色になります。この成熟色がちまたで見かけるブルーベリーのイメージ色ですね。 ブルーベリーの品種にもよりますが実が熟するときは6月上旬から9月の上旬くらいになるそうです。

秋には種類によりますが紅葉が見られ、10月の中旬ごろから紅葉しはじめますが、遅いものになると年明けまで楽しめます。 ブルーベリーは世界中から日本の市場に輸入されています。それだけではなく国内でも生産されており、各地の高冷地を中心にで栽培されるほど広まりました。

夏ごろのブルーベリーの木