ブルーベリーの種類

ブルーベリーには実にたくさんの品種がありますが、主な種類をピックアップしてみました!

ハイブッシュブルーベリー

アメリカ北部の原産で1.5メートルから2.5メートルの高さになります。寒冷地や高冷地が生育環境に適しています。寒さに強くマイナス30度まで対応できますが、暑さにはやや弱いところがあります。冬眠するので気温7.2度以下の時間が800時間以上必要という特性を持っています。

半樹高ハイブッシュブルーベリー

ハイブッシュの半分以下の大きさで、大きくなっても1m位にしかなりません。厳しい低温にも耐えられるよう交配された品種です。

南部ハイブッシュブルーベリー

ダローワイという野生種と、北部ハイブッシュを交配し、冬眠時間が確保しにくい冬季温暖地帯でも作れるよう特別に交配された品種です。

ラビットアイブルーベリー

アメリカ東南部の原産で、なぜこの名前が付けられたかというと、熟す前にウサギの目のようにきれいなピンク色になることから命名されました。3メートルから4メートルも高さになりますのでブルーベリーの中では背の高い品種です。紅葉しても落葉は遅く、年明けになることもあります。寒さに弱く寒い土地での栽培には不向きな品種といえます。

ローブッシュ・ブルーベリー

主に石の多い荒地に自生している野生のブルーベリーです。高さは15センチから40センチ程度と低く果実も小さい小粒となっています。 このようにブルーベリーは品種によって様々な特徴があります。自分で食べるときにはそれぞれの品種の特性を理解しておくと、「どこから来たのかなぁ~」「寒い中から丈夫に育ってきたのね!」など少し楽しみが増えますよね。