ブルーベリーはどう食べる??

ブルーベリーっていつもの日常では意外と食べないものですよね?
意識していないと忘れがちな食べ物であることは否めません。
ではその摂取方法はどのようなものがあるのでしょうか? 大きく3つの摂取方法に分けてそれぞれ紹介し、またそれに関連するおすすめアイテムも同時にご紹介しちゃいます!!

加工食品で食べる

ブルーベリーを日常で一番食べる機会が多いのが加工食品ではないでしょうか。
代表的なものがブルーベリージャムです。パンにつけてもヨーグルトやアイスクリームに載せても楽しめますし、クレープなんかでもブルベリーソースと称してあるのではないでしょうか?最近ではジャムの中でも人気は急上昇していますね!

注意点としては、ブルーベリーの栄養は摂取できますが、内容に砂糖や添加物を多用しているものですと、高カロリーになってしまう場合がありますから気をつけましょう。ブルーベリーが使用されたケーキやお菓子もよいですね。
特にブルーベリーがたっぷり敷き詰められたタルトなどは、たくさんのブルーベリーを食することができます。これらもジャムと同様の注意点を持ちますから覚えておきましょう。

またブルーベリーの果汁を使った飲み物もあります。ブルーベリー酒やブルーベリージュースにも、ブルーベリーのエキスが抽出されていますから、疲れ目や疲労回復、食欲増進や夏バテ防止、便秘や胃腸にも効果の期待できます。これらの加工食品は、もちろんご家庭でも作ることができますので、気軽にブルーベリーを楽しむこともできますよ。

NEXT. サプリメントで食べる