ブルーベリーはどう食べる??

ブルーベリーっていつもの日常では意外と食べないものですよね?
意識していないと忘れがちな食べ物であることは否めません。
ではその摂取方法はどのようなものがあるのでしょうか? 大きく3つの摂取方法に分けてそれぞれ紹介し、またそれに関連するおすすめアイテムも同時にご紹介しちゃいます!!

生食で食べる

まず定番として果実そのままの生食があります。
忘れてしまいそうですが、ブルーベリーは生でも食べれるのです。
そこで忘れてはいけないのが、アントシアニンについてです。
アントシアニンは皮と実の間に含まれていますから、皮ごと食べることが大切なポイントとなりますので忘れないようにしましょう。

ブルーベリーはスーパー等で簡単に手に入りますが、傷みやすいので早めに食べるようにしましょう。一番お手軽なのは洗ってそのままぱくりと食べることですが、おススメの方法は、キンキンに冷やした水に30分ほど漬けておきます。 そして冷え切ったブルーベリーを数個一度に口に入れ食べるのです。甘酸っぱさと、いい香りがたまらないこの食べ方はおいしくいただくコツです。

また、ヨーグルトに添えたり、アイスクリームに添えるのも香りが引き立っていいですね。喫茶店のアイスにたまに乗ってたりします。
また、時期的に生のブルーベリーが手に入らないときには冷凍のものもありますから、一年中食べることができます。前述の通り、即効性もありますけれど、消失もすることから毎日食べるのが理想かと思われます。 わざと意識して毎日の献立にちょっと添えるのも体のためにはよいのではないでしょうか。

NEXT. 加工食品で食べる